採用情報

スタッフを募集しています。(平成29年度4月集合写真)

業務内容

児童指導員、保育士、児童の生活支援全般

求める人物像

  • 子供が好きな方
  • 自ら積極的に子供と関われる方
  • 協調性のある方

応募資格

社会福祉士、児童指導員、保育士、小中高教諭(見込可)いずれか必須
普通自動車免許あれば尚可(AT車可)

施設長より

photo_sr子供寮では、子供たちの誕生日には部屋の皆でお祝いします。誕生日おめでとうと言う言葉を添えて。おめでとうという言葉は愛でいたしという語句からきているそうです。賞賛する以外にないほど、素晴らしいが原義だそうです。
この世に生まれてくることは、本当に奇跡的な出来事で素晴らしいことだと思います。このいのちがこの世の中で生きていくのは結構大変なことです。いのちを受け止めてくれる人、場所、支えてくれる人々がいないと育っていきません。なかなか条件が満たされることがありません。

私たちは、どのこどももおめでとうにふさわしいかけがえのない存在であることを感じられるようにと願いながら、日々こどもたちと接しています。人のこころに触れることですので、想像していただければわかると思いますが、簡単なことではありません。

決して楽な仕事ではありませんが、こどもたちとの生活を通して学ぶことも多く、人間として一回りも二回りもこどもとともに成長できるやりがいのある仕事です。なによりも、いのちを大切にすることをこどもたちと学んでゆくことができます。こんな仕事を一緒に担ってくださる方をお待ちしております。

~施設長・先輩たちの声~インタビュー

Q.どのような人材を必要としていますか?
A.子供たちの育ってきた環境は、私たちが考える以上のことが多いです。子供たちの目線で共に考え、子供たちが自信をもって生きていけるように、子供たちと共に成長していこうと思う方を必要としています。
Q.新人職員には、どのような配慮をされていますか?
A. ベテラン中堅職員をOJTとして配置し、なんでも相談しやすい環境に配慮しています。大きな組織ではないので、いつでも困ったことをすぐにベテラン職員より助言できるようにしています。
Q.子供寮への応募を考えている方へメッセージ
A. 決して楽な仕事ではないですが、子供を通して学ぶことが多く、人間として一回りも二回りも大きく成長できるやりがいのある仕事です。

保育士 新人職員3ヶ月目 女性T保育士

Q.子供寮に決めたのはなぜですか?
A.私が初めて児童養護施設のことを知ったのは、タイガーマスク運動があった頃で、その時から子供たちの成長を身近で見ていきた いと思いました。子供寮は子供のことを第一に考えていると施設 見学の際にとても強く感じることができ、私も子供たちと一緒に 生活し、成長していきたいと思い決めました。
Q.現在の仕事を教えてください。
A.現在は幼児クラス担当で、生活全般の援助や掃除、洗濯、幼稚園の行事に行くこともあります。
Q.入職して数ヶ月経ちますが、実際 働いてみてどうですか?
A. 初めは、何が分からないかも分からない状況でしたが、子供たちと一緒に過ごしていく中で、少しずつ研修や先輩職員と一緒にシェアしながら学んでいる状況です。大変ではありますが、子供たちから学ぶことも多く、優しい明るい笑顔が見られた時は、癒されます。
Q.子供寮への応募を考えている方へのメッセージ
A. 子供たちの成長過程を一番そばで見られるのが、養護施設だと思います。ときには子供たちの手本となり、一緒に泣いたり笑ったりと大変な仕事ではありますが、興味のある方は、一度施設見学に来られてはいかがですか?担当職員が熱く語ってくれます。

保育士 新人職員3ヶ月目 女性S保育士

Q.子供寮に決めたのはなぜですか?
A.実際に施設見学に訪れ、家庭的な雰囲気や施設の理念に魅力を感じたからです。
Q.現在の仕事を教えてください。
A.幼児クラスを担当しており、生活全般の援助をしています。
Q.入職して数ヶ月経ちますが、実際働いてみてどうですか?
A.試行錯誤を重ね、毎日子供たちと向き合っています。大変ではありますが、研修で学び、先輩職員から、時には子供からも助けてもらうことが あり、何とか頑張っています。
Q.子供寮への応募を考えている方へのメッセージ
A.子供と生活していく中で、一緒に泣いたり、笑ったり、子供寮でしか学べないことがたくさんあると思います。一度見学に来られて、担当職員の話しを聞いてみてはいかがですか?

 指導員3年目 女性O指導員

Q.子供寮に決めたのはなぜですか?
A.以前から子供たちの役に立つ仕事に就きたいと思っていました。施設で育つ子供がいることを知り、安心して自分らしくいられる場所をつくりたいと考えるようになりました。子供寮の見学に訪れた際、子供のことを一番に考え、子供から学ぶ姿勢を大切にしていることを教えていただきました。私も子供に寄り添える職員になりたく、子供寮に決めました。
Q.仕事をして大変だと感じることは?
A.ただ、子供が好きという理由だけでは勤まらない職業です。日常の業務に加え、宿直や事務作業等もあり、肉体的・精神的にも、大変な仕事です。また、子供に暴言を言われたり、試し行動をされることもあります。1日に何度もぶつかることもあり、子供の要求にどのように答えるべきか考えることも多いです。しかし、子供と共感しあえたり、お互いに笑顔になれるようなことがあったときは、やりがいを感じます。
Q.子供寮で実際働いてみてどうでしたか?
A.まだまだ分からないことの連続です。子供の対応も個々によって様々で答えがなく、試行錯誤の毎日です。しかし、困ったときは、フォローをしていただき、相談にのっていただく先輩職員がいるので、日々刺激を受けています。
Q.子供寮への応募を考えている方へメッセージ
A.人を育てる仕事なので、悩むこともあります。
大変なことも多くありますが、子供と生活していく中で、成長などを見られる楽しみもあります。何より、子供から学ぶことも沢山あり、子供の笑顔には元気をもらうことができます。
『児童養護施設ってどんなことだろう?』『人の役に立つ仕事をしてみたい』等少しでも興味のある方は、見学だけでも来てみてください。

保育士7年目 男性H保育士

Q. 現在の仕事について教えてください。
A.現在は小学1年生から6年生の男子のグループホームで働いています。仕事内容は、食事作りや掃除等の家事に、子供の宿題のサポート、庭で一緒に遊んだりといったことをしています。
子供の年齢がバラバラなので言葉かけや関わり方に日々、試行錯誤していますが、一緒に組んでいる職員と話し合いながら子供と共に生活しています。
Q.やりがいを感じる瞬間は?
A.やりがいを感じる瞬間は、人それぞれだと思いますが、私は子供の変化が見てとれたときや、そのことに自分が気付けた時にやりがいを感じます。関わっている子供の今と過去を見て『少し言葉使いが優しくなったな』『表情が明るくなったな』等、子供のそういった部分に気付けることが自分の職員としての成長になっていると感じます。
Q.今後の目標を教えてください。
A.最終的には子供たちが、無事に社会に出て適応できるようになることです。施設で生活している子供たちは高校卒業と共に施設を卒寮してしまいます。それまでの期間に全ての事は難しいかもしれませんが少しでも多くのことを学び、生きる力として繋げられるように毎日の生活で子供一人一人に必要な支援を考え実践していきたいと思っています。
Q. 子供寮への応募を考えている方へメッセージ
A. 施設で生活している子供たちにとって施設は家であり、子供の素の部分が見られる唯一の場だと私は思っています。その分大変だと感じることもありますが、そこで子供と向き合える方や子供から学ぶ姿勢を持てる方、共に生活してみようと思う方は是非、聖フランシスコ子供寮に見学に来て下さい。立派なサッカーゴールやツリーハウスが芝生の庭にあり、元気に遊んでいる子供の姿も見られると思います。

事務員10年目 K職員

Q.どのような人材を必要としていますか?
A.業務内容は、児童の生活支援全般です。文系・理系・体育会系問わず、求める人物像は、
子供が好きな方・自ら積極的に子供と関われる方・協調性のある方を求めております。
Q.新人職員には、どのような配慮をされていますか?
A.入職してから新人が困らないように(不安を減らすように)、入職前研修をしております。例えは、処遇では、見る→手伝う→先輩と一緒にやる→1人立ちといった流れで実施し、入職3カ月は、先輩職員とシェアしながら職場との一体感を作るようにしており、また施設長との面接を行い、日々の仕事での問題・悩みをケアするようにしています。是非一度興味のある方は施設見学からスタートしてみてはいかがでしょうか。
Q.子供寮への応募を考えている方へメッセージ
A.長く良い環境で仕事をしていくための就職選びは、大変だと思います。是非1度見学をして頂き施設の雰囲気等をみてはいかがですか。
子供との生活は、大変なこともありますが、子供をとおして学び自身が成長できる場だと思います。若い力を子供たちに貸していただきませんか?

ご応募は採用担当 桑原まで
メール:saiyou◆otsuge-francisco.org
またはお電話でご連絡ください。

※お手数ですが◆の箇所を@へ変換の上、送信してください。